スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年4月から2015年3月末までの四年間の治療実績について(2)

 きょうは全国的に暑かったようですね!福島県内も32℃を超えた地域もあったようで、天気予報によると明日も暑いとのことでした。

 さて、(1)では四年間に治療したおもちゃの件数の一覧表を掲載しましたが、今回からは治療件数が三桁になっているおもちゃについて、どのようなトラブル・不具合があって、どのような治療をしたのかを取りまとめたものをご覧になっていただきます。

 まずは、101件の”ロボット・怪獣”に分類できるおもちゃの状況です。

6ロボット12_15 V2

 どんなおもちゃでも共通していることをまず認識していただきましょう。

 特に、乾電池を電源として動いたり、音を発したりするおもちゃでは、何といっても多いのが乾電池の容量不足(新しい乾電池と交換したつもりがそうなっていない=折角用意したのにまぜこぜにしてしまった)、適切な乾電池を使用していない(指定されている乾電池を使用していない=アルカリ乾電池なのか?マンガン乾電池なのか?充電式の乾電池でもよいのか?等)、そして、アルカリ乾電池を入れっぱなしにしていて液漏れを起こしてしまい、かなりのダメージとなってしまう(ひどい場合には基板まで液が浸透してパターンの腐食や電子部品の損傷の原因となっている=この場合、ほとんど再生不可能になります)等々があげられます。

 これらは、ちょっとした気配りで解決できることになりますので、動かなくなったときやしばらく遊ばない等の場合は乾電池をはずしてから片づけていただければ、液漏れによる再生不可能なんてことにはなりません。

 また、家庭に一個欲しいのは、乾電池チェッカーではないでしょうか!これは百均やホームセンターで購入できますので、もっていない方は、是非購入をお勧めします。

 グラフをご覧になると分かりますが、動くおもちゃはどんなおもちゃでもときには壊れてしまいます。

 動く部分は、モーターや動力伝達部にはナイロン樹脂製の歯車、動く部分は金属製のリンクで様々な動きをするプラスチック系の樹脂でできた部品(分かりやすいのは手足等)で構成されているため、無理な外圧が加わると破損してしまいます。

 部品があれば、それなりの材料があれば何とか治療できますが、電子部品部分はかなり困難となります。

 また、外装部分が柔らかい樹脂製のものはちぎれたりしてしまいますので、取扱に少し注意すれば防止できます。

 そして、自分で接着したけどうまくいかないといって持ってこられますが、その原因は、素材にあった接着剤を使用していないことにその原因があります。だからこそ、取説や入っていた箱がその治療には大事な参考資料になるのです。

 こわれたおもちゃをおもちゃの病院に持っていくときには、取説や箱を是非持ってきてくだされば大助かりなのです。

 次回の(3)回目は、動きのある人形についてです。お待ちください。


 おもちゃの治療に興味のある方!そう!貴方です!私たちと一緒に楽しんでみませんか!

 おもちゃドクターになることは、決して難しいことではありません。おもちゃが好き!いじくりまわしたい!子供たちとの触れ合いを楽しみたい!家に引っ込んでばかりいるのではボケでしまう!何かやってみたい!等々考えていても前には進めません。一度遊びに来てみてはいかがでしょうか!手助けします!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

郡山おもちゃの病院

Author:郡山おもちゃの病院
郡山おもちゃの病院設立準備会は「郡山おもちゃ病院」を開設することを目的とした会です。
設立準備会では「郡山おもちゃの病院」でボランティアをしていただける、おもちゃのドクターを育てるために、「おもちゃ治し会」や「研修会」等を開催しスキルアップを行っていきます。
そして、来年には「郡山おもちゃの病院」として、正式に活動を開始し、壊れたおもちゃを持ち主の子供達と一緒に直すことにより、物の大切さを教えたり、交流をはかることを目的にボランティア活動をしていきます。
郡山おもちゃの病院設立準備会 会長 次田喜正

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。