FC2ブログ

2012年度~15年度までの治療結果について

 本来はもっと早くまとめたかった過去のデータがやっと出来上がりました。

いままで愛用していたパソコンが昨年あたりから機嫌が悪くなり、トラブっていました。やはり年齢には勝てなかったのでしょうか?おまけに今年の4月でサポート終了になってしまうなんて、踏んだり蹴ったりでした。

 でも、こんど手に入れたパソコンは最新のOSとなり、CPUもそこそこで必要なソフトだけ入れていくものなので、違和感なく使え、フリーズすることもなく、今までのデータも何とか移行てきましたので、まずは2015年度までのとりまとめを行ってきました。

 次のグラフは、「郡山おもちゃの病院」で治療したおもちゃの2012年度からとりまとめたデータですが、2016年度のデータはまだすべてが返却されていないため、それを含めたものはもう少しの時間が必要になります。

12_15 グラフ1

12_15グラフ2

 データは、大雑把なものですが、傾向は十分わかると思います。

 最近のおもちゃはかなりの部分で電子化が進んでいるため、その部分の故障も当然増えており、特に電子部品に不具合が発生すれば、特別な機材を持たない当病院では、残念ながら治療できないことになってしまいます。

 ただ、乾電池の管理にもう少し気を使っていただければ、軽症ですんだのにと思われるおもちゃもたくさんあるようです。

 また、もう少し優しく扱っていればこんなことにならなかったのに、というのもありました。

 いずれにしても、かたちあるものは必ず壊れてしまいます。

 こわれても、捨てるなんて考える前に ”おもちゃの病院”があることを思い出してください。

 ただ、「郡山おもちゃの病院」は開院当日受け付け順に治療をする体制をとっているため、ほとんどが入院となります。そして、予約制では在りませんので来られた順番で対応しています。。この点をご理解いただき治療をお受けします。当然治療日数がかかってしまうという欠点があります。また、費用については、初診料や再診料、そして、治療費や手術代というのもありません。つまり、一般的に言われる治療費は原則無料となっていますので、安心して持ってきてください。

 しかし、例えばスピーカーや動力系のモーターや歯車等の交換が必要な場合は、部品代のみいただくことになりますが、この金額も数十円から数百円というところです。つまり、ほぼ実費負担といったところです。

 
 定年退職等で何かやろうかな!楽しいことはないかな?ボランティア活動をやってみたいとか!このようなことを少しでも思ったら、難しく考えないで、まずは遊びに来てください。そして、生き生きとして活動している先輩ドクターの姿をご覧になってください。どのようにしていけば良いのか?アドバイスやドクターとして活動できるように手ほどきいたします。

お待ちしております。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Calendar
プロフィール

郡山おもちゃの病院

Author:郡山おもちゃの病院
 「郡山おもちゃの病院」は2011年4月より、壊れたおもちゃを治し、子供たちに物の大切さを教えたり、交流をはかることを目的にボランティア活動をしていきます
 また、当会ではボランティアでともに活動していただける、おもちゃのドクターを育てるために、「おもちゃ治し会」や「研修会」等を開催しスキルアップを行っています。
 なお、おもちゃ治しは基本的には無料ですが、部品代はいただいております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR