FC2ブログ

「郡山おもちゃの病院」五月の活動から

 今年の五月の連休は、三日に白河市にあるFTVハウジングプラザ白河展示場のイベントに、五日は例年参加している郡山市のニコニコこども館で開催されたイベントに参加しました。

 おもちゃの病院でこわれたおもちゃの治療をしていると、全体の三割近くが乾電池に由来するのではないかと思われます

 つまり、乾電池の容量不足で誤作動や動かなくなってしまった。この問題で気になるのが、せっかく用意した新しい電池を取り出した古い電池と間違えて入れてしまったということです。これはうっかりミスですね!

 そして、どのようなタイプの乾電池を使用しなければならないのかをよくみていないため、マンガンとアルカリ乾電池の使い分けが適切ではないということもありました。特に動力系のおもちゃに見受けられるようですね!また、電池代の節約からか充電式のものを使っているのもありました。

 特に致命的なのが、アルカリ乾電池の液漏れではないでしようか?こどもさんにとって危ないということもありますが、これがもとでおもちゃの内部がひどく腐食してしまい、取り返しがつかないものもありました。

 このようなことから、今年の五日のイベントでは、乾電池の取扱等に関するアンケートを実施してみました

 次の表は、そのアンケートの結果です。

乾電池アンケート5_5結果

 協力してくれた方は、36名でしたが、ある程度の傾向はわかるのではないでしようか?

 今回のアンケートでは、お礼に一つ持っていると便利な乾電池のチェッカーをプレゼントしました。

 このチェッカーには、様々なタイプのものがありますが、意外に持っていないということもわかりました。

 是非、うまく活用していただけると、大切なおもちゃも思いがけないトラブルから回避できると思いました。

 
 この機会に、貴方もおもちゃドクターとして一緒に活動してみませんか!

 「郡山おもちゃの病院」で活動しているドクターは、いきいきと楽しんでいます。まずは、見学にお越しください。

 お待ちしておりますので、お近くの会場に足を運んでください。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Calendar
プロフィール

郡山おもちゃの病院

Author:郡山おもちゃの病院
 「郡山おもちゃの病院」は2011年4月より、壊れたおもちゃを治し、子供たちに物の大切さを教えたり、交流をはかることを目的にボランティア活動をしていきます
 また、当会ではボランティアでともに活動していただける、おもちゃのドクターを育てるために、「おもちゃ治し会」や「研修会」等を開催しスキルアップを行っています。
 なお、おもちゃ治しは基本的には無料ですが、部品代はいただいております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR