FC2ブログ

2013年度の運営実績がまとまりました!

 六月も後半に入りましたが、福島県は梅雨の中休みのようです。
 でも、蒸し暑い日々がこれから先にまっているのではないでしょうか? 
 さて、2013年度の「郡山おもちゃの病院」の運営実績がまとまりましたのでお知らせいたします。
 2012年度は109名の患者さんが登録し、治療したおもちゃは209件でした2013実績
 郡山おもちゃの病院は、準備会として発足して一年後の2011年4月、丁度あの震災の年から本格的な活動が始まり、今年は四年目に入ました。
 少々遅くなりましたが、2013年度の活動実績をみてみると、225名の患者さんが登録され、395件のおもちゃが治療を受けました
 前年度と比較すると、概ね倍ほどの実績になったようです。
 治療に来るおもちゃの傾向は、ラジコンのヘリコプターやプラレール、電子部品が使われている楽器や育教関係のおもちゃ、そして、人形等が多くなっています。
 やはり、空を飛ぶものは飛び上れば落ちるためこわれてしまうのは仕方ないようですね!そして、電子部品が使われているおもちゃでは、ICの不具合が圧倒的に多くなっています。
 また、電源に関する不具合では、電池を入れっぱなしにしてしまって液漏れをおこして電極や内部の基盤が腐食してしまうので、乾電池の取り扱いにはもう少し気をくばればこのような故障は防止できます。
 このグラフを参考にしていただければ幸いです。
 おもちゃの治療に関心のある方は是非見学にお出でください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Calendar
プロフィール

郡山おもちゃの病院

Author:郡山おもちゃの病院
 「郡山おもちゃの病院」は2011年4月より、壊れたおもちゃを治し、子供たちに物の大切さを教えたり、交流をはかることを目的にボランティア活動をしていきます
 また、当会ではボランティアでともに活動していただける、おもちゃのドクターを育てるために、「おもちゃ治し会」や「研修会」等を開催しスキルアップを行っています。
 なお、おもちゃ治しは基本的には無料ですが、部品代はいただいております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR