スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月と11月はイベントに参加しました!

 すばらしい紅葉も終わり、朝晩は冷え込み冬の声が間近に聞こえるようになりましたね!

 先月のイベント参加について早く載せたかったのですが、何故か先月からパソコンがイヤイヤしてしまい手こずっていましたが、今日やっと復活することができました。

 10月は、12日に須賀川市アリーナでの「子どもの祭典」に、25日と26日はムシテックワールドで開催された「ムシテック祭り」に参加してきました。この二つのイベントは昨年も参加しており、大勢の方がきました。そして、11月9日にはニコニコこども館で開催された「ニコニコ」こども館まつり」に参加しました。

 オープニングセレモニーでは、「はなさと保育園」の園児による鼓笛演奏もありました。

こども館まつり91

 そして、ご褒美には郡山市長と市議会長のお二人から園児たちにメダルがわたされました。

こども館まつり92

 また、園児たちとお二人の記念写真撮影もあり、大変ほほえましい様子に会場いっぱいに集まった方々からの盛大な拍手もおくられ、最後には園児代表から開催宣言があり、イベントがスタートしました。

こども館まつり93

 「郡山おもちゃの病院」は四階の広い会場にプラレールコーナーを設け、子供たちに思いっきり遊んでもらいました。

こども館まつり94

 そして、その横では治療のために持ち込んでこられたおもちゃの治療を行いました。

こども館まつり95

 この日もたくさんのおもちゃが治療のためにきましたが、中には肝心なところがだめになっていてどうしても治療できないものもありました。
 特に、最近のおもちゃには電子基板が組み込みされていて、そこに使われている頭脳部にもなるICがダメになってしまうと、どうしようもありません。その原因には、回路上に何らかの異常が発生した場合や乾電池の液漏れに起因する内部ショートも原因の一つに考えられます。
 特に、乾電池の容量がなくなったものや過放電したものをを入れっぱなしにしていると液漏れがおこったりしますので、ご家庭での取り扱いでは、時々乾電池の容量測定をしたりして気配りをしていただけると、液漏れによる電池ボックスの端子の腐食や基盤損傷の防止にもなります。

 おもちゃドクターの活動に興味のある方は、病院の開催されている日は是非遊びにきてください。

 一緒におもちゃの治療をしてみませんか!


スポンサーサイト
プロフィール

郡山おもちゃの病院

Author:郡山おもちゃの病院
郡山おもちゃの病院設立準備会は「郡山おもちゃ病院」を開設することを目的とした会です。
設立準備会では「郡山おもちゃの病院」でボランティアをしていただける、おもちゃのドクターを育てるために、「おもちゃ治し会」や「研修会」等を開催しスキルアップを行っていきます。
そして、来年には「郡山おもちゃの病院」として、正式に活動を開始し、壊れたおもちゃを持ち主の子供達と一緒に直すことにより、物の大切さを教えたり、交流をはかることを目的にボランティア活動をしていきます。
郡山おもちゃの病院設立準備会 会長 次田喜正

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。