スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年度の活動に向けて

 「郡山おもちゃの病院」は2012年4月22日に総会を開催し、前年度の活動を振り返ってみました。

2012 4 22 総会
 前年度の活動状況から見えてきました治療に持ち込まれるおもちゃの傾向は、先に掲載しました「郡山おもちゃの病院会報」創刊号をご覧になるとお分かりになりますが、おもちゃの取り扱いに左右されている部分があることは否定できないようですね!
 また、色々と動きのあるおもちゃではその電源となっている乾電池に起因する故障や、その動きをコントロールしている回路の心臓部と言えるICの不具合も多いようです。このあたりは会報創刊号に書いてありますのでご覧になってみてください。

 総会ではこのような結果を踏まえ、ドクターの資質向上のための自己研鑚や研修の必要性が取り上げられました。そして、このことをとおして患者さん(おもちゃの持ち主)の満足度の向上が重要であることが確認されました。

診察券見本縮小版
 次に、開院以来のデータからもリピータの患者さんがおられることから、治療に来るたびに受付表に毎回同じ内容を記入する手間を省略して簡素化を図るために、左の図のような診察券を導入することにしました。
 この診察券は女性用の名刺サイズとなっており、財布のカード差しに入りますので一般的なカードと同様普段持ち歩くことができます。
 そして、一番の利点は患者さんが受付時に記入する内容もかなり簡素化になりました。


 「郡山おもちゃの病院」の活動は、会場の関係から今年度は月一回になってしまいましたが、主になる会場は前年度も利用させていただいた市役所隣のニコニコこども館となりますので、気兼ねなく大切なおもちゃが壊れましたら持ってきてください。

スポンサーサイト

「郡山おもちゃの病院会報」の発行のお知らせ

 郡山おもちゃの病院は郡山市を中心に活動をスタートして、今年で三年目を迎えることになりました

 開院スタート当初は、どのようなおもちゃがどんな症状で治療のために持ち込まれてくるのか不安もありましたが、初年度は夢中で過ぎ去ってしまいました

 2011年度は、どのようなおもちゃがどんな症状で治療のために持ち込まれてくるのか、についてデータ収集をしてみましたところ、211名の方々が述べ374件のおもちゃを治療のために当病院に連れてきてくれました。

 この内容を分析し、どのようなおもちゃがどんな症状で治療を受けに来たのかについてとりまとめ、その要点「郡山おもちゃの病院会報」創刊号に掲載しましたので、是非ご覧になってください。

 この内容については、下記の文字をクリックしてください。また、印刷もできます。

 「郡山おもちゃの病院会報」


 大切にしているおもちゃが壊れた時には、気兼ねなく郡山おもちゃの病院にきてください。

総会についてのお知らせ

 郡山おもちゃの病院の総会を下記の日程で行いますので、

会員の方は、ご出席お願い致します。

日時:平成24年4月22日(日)午後1時より3時まで

場所:まざっせプラザ 2階

※ 総会資料については、当日お渡し致します。

 当日、欠席される方は、副会長黒島さんまで、ご連絡下

さい。

連絡先 080-5733-7408 黒島

(こちらは、郡山おもちゃ病院専用電話です。)
 

 尚、昨年震災などで会員として参加されていなかった方で、

今年度参加されたい方は、同じく、黒島さんの方までご連絡

下さい。

 総会後、繊細について、ご連絡申し上げます。

宜しくお願いいたします。







 
プロフィール

郡山おもちゃの病院

Author:郡山おもちゃの病院
郡山おもちゃの病院設立準備会は「郡山おもちゃ病院」を開設することを目的とした会です。
設立準備会では「郡山おもちゃの病院」でボランティアをしていただける、おもちゃのドクターを育てるために、「おもちゃ治し会」や「研修会」等を開催しスキルアップを行っていきます。
そして、来年には「郡山おもちゃの病院」として、正式に活動を開始し、壊れたおもちゃを持ち主の子供達と一緒に直すことにより、物の大切さを教えたり、交流をはかることを目的にボランティア活動をしていきます。
郡山おもちゃの病院設立準備会 会長 次田喜正

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。