スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

” 平成23年度 郡山市秋のこどもまつり ” に参加

 11月13日(日)は、郡山市にあるニコニコこども館で開催された" 平成23年度 郡山市秋のこどもまつり "に参加しました。 
イベントチラシ


 このイベントは12日(土)から開催されていて、1階から4階までの各会場では様々な
イベントがあり、両日ともかなりのこども達で賑わいました。



 
写真1

 郡山おもちゃの病院では、13日(日)に3階の会場で飴玉のつかみ取りプラレールで思いっきり遊べるコーナーのほかに、壊れたおもちゃの治療にあたりました。


写真2写真3


 当日は、10月末に開催されたムシテックワールドで入院した30数件のおもちゃの退院日にもなっており、会場は混雑してしまいました。
 また、会場入り口での飴玉のつかみ取りは、こども達にとって自分の手を使ったクレーンゲームのようなもので、参加者は楽しみながら袋につめてお好みのシールを張ってもらっていました。
 なお、新規に治療に訪れたおもちゃは34件あり、治療にあたっていたドクターは大忙しの様子でした。
 いつも感じることですが、治療が終わって退院していくときには、こどもだけでなく一緒にきている方々も大変喜んで帰っていく姿が治療にあたっているドクターにはうれしいことです。



スポンサーサイト

13日、ニコニコこども館「秋のこどもまつり」について

 昨日の、「まちなかの日」に参加された方々、お疲れ様でした。

昨日参加された方々には連絡しましたが、13日ニコニコこども館

での「秋のこどもまつり」についての連絡です。

 こどもまつり自体は、12日・13日ですが、おもちゃの病院は、

13日のみ参加となります。

開催時間 午前10時より午後3時まで(交代で昼食となります。)


集合時間 午前8時30分 3階 ボランティア活動室前 

※ 当日は駐車場が、市役所と陸上競技場の駐車場のみのため混雑

 が予想されます。早めに来られて、会場でゆっくりされら事を

 お勧めいたします。

持参する物 昼食、飲み物、エプロン、工具類、名札、印鑑

※ 飲食は、5階「学習室」のみとなります。他団体と一緒に使用

 となるため、交代で食事する様になります。休憩も同じところと

 なります。

来場見込み数 約 5,000人
対象者 未就学児~小学生

参加団体 青少年育成団体:12団体
     こども館利用団体:8団体
     ボランティア団体など:6団体
注意事項 
 ①コーナー運営上の注意   
    ・「子供たちが主役」であると考えて接してください。
    ・安全管理・ケガ防止に努めてください。
     万が一、事故が起こったら、本部に連絡。
    ・コーナー終了後、使用場所現状回復してください。
 
 ②休憩・昼食など
    ・館内は禁煙。
    ・指定場所・・・5階「学習室」のみで、飲食となります。
    ・絶対、コーナーでは、飲食しないで下さい。 

 ③物品搬入
    ・物品などの搬入・搬出は、北側入り口のみです。
     搬入・搬出時は、短時間でできるように、ご協力下さい。  

 スケジュール
  8:30 3階 ボランティア活動室前集合・物品搬入・準備開始
  8:50 参加団体打ち合わせ(会長)
 10:00 コーナー開始(昼も休まずコーナー運営)
 15:00 コーナー終了・片付け・搬出・解散
           
   
不明な点・参加確認・当日の休み、遅れの連絡は、会の電話までお願い致します。

まちなかの日と秋のこどもまつりについて

 今日は、まちなかの日でした。天気が今ひとつの中、おもちゃの病院にコーナーに

は、たくさんの親子が来てくれました。手作りおもちゃコーナーは大盛況で、子供達

が途切れなく、カメラやシャボン玉、紙コップの人形、ストローのロケットなどを作

って楽しまれていました。

できないところは、お父さんやお母さんが手伝ってくれたり、おばあちゃんが作って

くれたり。小学生のお姉さん達は、頑張って自分で作ったり。気がつけば、もう終わ

りの時間。お昼ごはんを食べ忘れていました。(笑)写真撮り忘れました。(泣)

 

 次回は、13日、ニコニコこども館の「秋のこどもまつり」に参加します。

当日は、プラレールがおもちゃ病院でお出迎えします。是非、いらしてください。
プロフィール

郡山おもちゃの病院

Author:郡山おもちゃの病院
郡山おもちゃの病院設立準備会は「郡山おもちゃ病院」を開設することを目的とした会です。
設立準備会では「郡山おもちゃの病院」でボランティアをしていただける、おもちゃのドクターを育てるために、「おもちゃ治し会」や「研修会」等を開催しスキルアップを行っていきます。
そして、来年には「郡山おもちゃの病院」として、正式に活動を開始し、壊れたおもちゃを持ち主の子供達と一緒に直すことにより、物の大切さを教えたり、交流をはかることを目的にボランティア活動をしていきます。
郡山おもちゃの病院設立準備会 会長 次田喜正

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。