スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「郡山おもちゃの病院」五月の活動から

 今年の五月の連休は、三日に白河市にあるFTVハウジングプラザ白河展示場のイベントに、五日は例年参加している郡山市のニコニコこども館で開催されたイベントに参加しました。

 おもちゃの病院でこわれたおもちゃの治療をしていると、全体の三割近くが乾電池に由来するのではないかと思われます

 つまり、乾電池の容量不足で誤作動や動かなくなってしまった。この問題で気になるのが、せっかく用意した新しい電池を取り出した古い電池と間違えて入れてしまったということです。これはうっかりミスですね!

 そして、どのようなタイプの乾電池を使用しなければならないのかをよくみていないため、マンガンとアルカリ乾電池の使い分けが適切ではないということもありました。特に動力系のおもちゃに見受けられるようですね!また、電池代の節約からか充電式のものを使っているのもありました。

 特に致命的なのが、アルカリ乾電池の液漏れではないでしようか?こどもさんにとって危ないということもありますが、これがもとでおもちゃの内部がひどく腐食してしまい、取り返しがつかないものもありました。

 このようなことから、今年の五日のイベントでは、乾電池の取扱等に関するアンケートを実施してみました

 次の表は、そのアンケートの結果です。

乾電池アンケート5_5結果

 協力してくれた方は、36名でしたが、ある程度の傾向はわかるのではないでしようか?

 今回のアンケートでは、お礼に一つ持っていると便利な乾電池のチェッカーをプレゼントしました。

 このチェッカーには、様々なタイプのものがありますが、意外に持っていないということもわかりました。

 是非、うまく活用していただけると、大切なおもちゃも思いがけないトラブルから回避できると思いました。

 
 この機会に、貴方もおもちゃドクターとして一緒に活動してみませんか!

 「郡山おもちゃの病院」で活動しているドクターは、いきいきと楽しんでいます。まずは、見学にお越しください。

 お待ちしておりますので、お近くの会場に足を運んでください。


スポンサーサイト

出ました!福島空港で1001番の診察券発行!

 今日は福島空港での開院でした!

 「郡山おもちゃの病院」では、今年度開院五周年の記念行事を企画しているところですが、開院二年目から発行した診察券が早いもので、4月の10日には1000番を超えました。

 そして、今日は1000番台の1番の診察券が発行されました

 会員代表から(写真右側)記念品がプレゼントされた方が、喜びをVサインで表してくれました

診察券1001番

 また、記念行事の企画は、開院している会場のニコニコこども館、えぽか、福島空港、そして、トイザらス郡山店等で遭遇されるかもしれませんので、楽しみにしていてください。

 なお、詳しい内容については企画が固まり次第お知らせしますが、5月5日のニコニコこども館での開院当日は「こどもまつり」になっておりますので、サプライズ企画があります

 詳しいことは、是非会場に早めに来て確認してください。

 皆様のお越しをお待ちしております!

診察券発行 1000番 になりました!

 今年の桜の開花は例年より早まり、福島県内の中通り地区では天候にも恵まれ、桜の名所では見物の方々でこの土日は賑わっていました。写真は、須賀川市長沼の永泉寺の枝垂れ桜です

160412 長沼永泉寺

 この日は、郡山市の開成山公園の桜がほぼ満開でもあり、あちこち桜見物に出かけてしまうような日でしたので、訪れてくる患者さんがまばらでした。

 でも、いつ出るのか気がかりだった 1000番の診察券は、4月10日のニコニコこども館で 発行されました
 
 そして、発行記念に「郡山おもちゃの病院」で準備していました記念品を

1000番記念999

999番の方に事務局長から 1000番の方には会長からプレゼントされました

1000番記念1000

 「郡山おもちゃの病院」が正式に発足したのは、2011年4月でしたが、年々利用される方が増えて6年目のスタートの日に 1000番になったのは偶然にせようれしい限りで、当日参加していたドクター達とも記念写真を撮ってみました。でも、カメラを操作しているドクターと当日参加できなかったドクターは残念ながら移っていません。

 なお、この日は通常総会を開催して、今までの反省や今後の活動等について話し合いがなされ、2016年度の活動がより充実していくようになると思います。

 そして、夜の部の集まりでは新しく入会された方たちと楽しい酒宴の場となりました。

 今月は、24日(日)に福島空港で開院しますので、是非お越しください

 また、ニコニコこども館で5月5日(木)にはこども祭りが開催されますので、楽しみにしていてくたさい

2014年度の活動では大変お世話になりました!

 2014年度の活動も22日の本宮市えぽかで無事終了しました。

 今年度の活動では、大勢の方に利用していただき、新規の診察券の発行が通算して601件となり治療件数は単年度で706件を数えることになりました。ご利用ありがとうございました

 2015末病院広報簡易実績

 また、開院場所別の治療件数をみても、定例的に開院するところでは、かなりの件数を示しております。

 2015年度の開院予定は先にお知らせしたとおりですが、4月からの「郡山おもちゃの病院」のご利用をおもちゃドクター一同お待ちしております。

 なお、おもちゃの治療をしているところの見学や、おもちゃドクターになって活動に加わりたいとお考えの方は、是非一度開院している会場にお気軽にお越しください。

福島中央テレビでの特集放映のお知らせ

 1月11日のニコニコこども館での福島中央テレビの取材については、先にお知らせしたとおりですが、1月25日本宮市えぽかで郡山おもちゃの病院が開院したときにも、福島中央テレビの取材が入りました

20150125_01

 この日の取材では、受付の脇に見える縦型ボードに取材の案内と、それがいつ放映されるのかについて掲示されました

20150125_04

 今までにもテレビ局の取材は数回あり、そのたびに反響がありました。

 今回の取材では「郡山おもちゃの病院」の活動についての特集ということで、従来のようなニュース的なものとは少々異なるようです。そして、放送時間は1月28日水曜日の15時50分からの枠で、見られるのは16時過ぎからということです

 私たちの活動は、会費を徴収して活動しているボランティア団体であり、会員一同子供たちとの触合いをとおしながら、壊れたおもちゃを治しています。

 おもちゃドクターが一生懸命治療して退院するときの子供たちの笑顔は、すばらしいものです。

 もちろん、私たち自身も楽しまさせていただいており、元気をもらっているのが状況です。

 おもちゃドクターは、特殊な技術集団ではありません。過去の経歴は様々で、事務職の方もおります。

 あなたも、子供たちとの触合いをとおして、おもちゃの治療をしてみませんか!

 定年退職後、何かをしてみたいとお考えの方は、この機会におもちゃドクターの活動を是非あなたの生活の一コマに加えてみませんか!

 興味を持ちのあなた! 是非開院している会場に遊びに来てください。お待ちしています。


診察券の発行が500番を超えました!

 2015年になっての最初の「郡山おもちゃの病院」が、本日1月11日(日)郡山市のニコニコこども館で開院され、先のお知らせのとおり、サプライズの企画も準備していました

 そのサプライズとは、2012年4月以降取り入れました診察券の発行が500番を超えるため、「郡山おもちゃの病院」のおもちゃドクター一同から感謝の気持ちを込めて、そして、3.11震災を乗り越えてこれからも前を向いて元気に子供たちに頑張ってもらいたいために、ささやかですがその前後の番号の診察券を受け取った子供さんも含めてプレゼントをすることにしました

 また、今日の開院には、「福島中央テレビ」の取材も入ることから、開院前のミーティングを局の方も入ってもらいおこないました。

15111Meet

 おもちゃの治療数も2010年5月の開院以来の集計では、すでに1000件を超えている状況です

 そして、今日の開院では、記念すべき500番の診察券を手にするこどもさんが誕生することになったのです!
 その前後を含めてサプライズプレゼントをゲットした三人のこどもさんたちの姿はとてもうれしそうでした

15111499受付
15111500受付1
15111501受付2

 テレビ局の取材は受付や治療の状況もあり、中には多少緊張したドクターもあったようですが、治療には影響なかったので、ご安心ください。

15111499治療
15111治療1
15111治療2

 今日の「郡山おもちゃの病院」の開院状況を収録したものと、二週間先に開院する本宮市の”えほか”での開院状況も取材予定ということなので、それらの編集がなされた後の放送とのことでした。


 このページや放送をご覧になって、おもちゃドクーに興味をもってくださった方は、是非開院日に様子を見に来てください。そして、是非とも仲間になってください。

 どなたでも、お気軽に見学に来てください。おもちゃドクター一同、お待ちしております



 

トイザらス郡山店で第一回目の開院をしました!

 今回の台風8号は多大な被害をあちこちに残してしまいましたが、トイザらス郡山での第一回目の開院を迎えた今日11日の郡山は影響もなく、ほっとしたところです。
 トイザらス郡山の開店時間に合わせ準備し患者さんを迎えましたところ、午前中に11件のこわれたおもちゃが治療を受けに来ました

 14 7 11toys1

 14 7 11toys2

 午後からは午前中受け付けたおもちゃの治療に集中しました。しかし、5件のおもちゃの治療が完了して退院することができましたが、6件のおもちゃが入院になってしまいました


 次回のトイザらス郡山での開院は、9月12日(金)ですが、明後日の13日は郡山市役所隣のニコニコこども館で開院しますので、こわれたおもちゃがありましたら是非の機会に治療を受けてみませんか?


 また、おもちゃドクターに興味をお持ちの方はお気軽にお越しください。




2013年度の運営実績がまとまりました!

 六月も後半に入りましたが、福島県は梅雨の中休みのようです。
 でも、蒸し暑い日々がこれから先にまっているのではないでしょうか? 
 さて、2013年度の「郡山おもちゃの病院」の運営実績がまとまりましたのでお知らせいたします。
 2012年度は109名の患者さんが登録し、治療したおもちゃは209件でした2013実績
 郡山おもちゃの病院は、準備会として発足して一年後の2011年4月、丁度あの震災の年から本格的な活動が始まり、今年は四年目に入ました。
 少々遅くなりましたが、2013年度の活動実績をみてみると、225名の患者さんが登録され、395件のおもちゃが治療を受けました
 前年度と比較すると、概ね倍ほどの実績になったようです。
 治療に来るおもちゃの傾向は、ラジコンのヘリコプターやプラレール、電子部品が使われている楽器や育教関係のおもちゃ、そして、人形等が多くなっています。
 やはり、空を飛ぶものは飛び上れば落ちるためこわれてしまうのは仕方ないようですね!そして、電子部品が使われているおもちゃでは、ICの不具合が圧倒的に多くなっています。
 また、電源に関する不具合では、電池を入れっぱなしにしてしまって液漏れをおこして電極や内部の基盤が腐食してしまうので、乾電池の取り扱いにはもう少し気をくばればこのような故障は防止できます。
 このグラフを参考にしていただければ幸いです。
 おもちゃの治療に関心のある方は是非見学にお出でください。

本宮市の「えぽか」での活動報告!

エポカ受付
 今年度最後の連休最終日(3月23日)に、本宮市の「えぽか」に出張開院してきました!

 「えぽか」には初めての出張開院でしたが、新規の患者さんが大勢訪れ、治療しなければならないおもちゃを25個も預かることになりました。


 しかし、おもちゃドクターも一生懸命治療にあたりましたが、沢山のおもちゃのため、残念ながら全てのおもちゃの治療をすることができませんでした。エポカ治療
 その結果、入院しなければならないおもちゃも出てしまいました。
 ごめんなさい!





 また、おなじみの「郡山おもちゃの病院」特設のエポカプラレール
プラレールコーナーにも子供たちが途切れることなく訪れ、思う存分楽しんでいる様子が見られました。



 なお、4月20日の日曜日には再度「えぽか」に出張開院する予定で調整していますので、決まり次第お知らせします。


ニコニコこども館まつり2013 は大賑わいでした!

 秋も深まり、開成山公園の木々は綺麗に色づき、紅葉見物の人たちはちょっと寒いようでしたが眼は十分楽しむことがてきたことと思います。

 そんな開成山公園の紅葉が目前に見られるニコニコこども館では、恒例の「ニコニコこども館まつり2013」が開催され、「郡山おもちゃの病院」ではそのイベントに今回も参加してきました。

 131110治しとプラレール

会場では、おもちゃドクターがこわれたおもちゃを治している様子をじっと覗き込んで色々と質問する子供たちの姿も見られました。

 また、会場中央には、プラレールコーナーを設け、子供たちに思いっきり遊んでもらいました。

131110プラレール

131110プレゼント品定め

131110じゃんけん2

 そして、日野の社協から頂いたおもちゃのプレゼントコーナーでは、子供たちのお好みのおもちゃを選ぶ光景が見られましたが、同じおもちゃに希望が集中した場合はじゃんけんで決めることになり、楽しみながらじゃんけんをしていました。
プロフィール

郡山おもちゃの病院

Author:郡山おもちゃの病院
郡山おもちゃの病院設立準備会は「郡山おもちゃ病院」を開設することを目的とした会です。
設立準備会では「郡山おもちゃの病院」でボランティアをしていただける、おもちゃのドクターを育てるために、「おもちゃ治し会」や「研修会」等を開催しスキルアップを行っていきます。
そして、来年には「郡山おもちゃの病院」として、正式に活動を開始し、壊れたおもちゃを持ち主の子供達と一緒に直すことにより、物の大切さを教えたり、交流をはかることを目的にボランティア活動をしていきます。
郡山おもちゃの病院設立準備会 会長 次田喜正

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。