スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもちゃドクターになりませんか!

 暑い日々が続いていましたが、お盆を過ぎる頃になると朝晩の涼しさを感じるようになってくるのではないでしょうか。

 八月も半分が過ぎ、小学校に通う子供さんたちはそろそろ夏休みの宿題をもう一度見直す時期となりますが、予定通り進んでいますか?

 小さなお子さんたちも夏休みの間には沢山楽しんだことと思いますが、こわれたおもちゃがありましたら、今月は23日に福島空港で開院しますのでこの機会に治療しておきましょう。

 さて、「郡山おもちゃの病院」では、こわれたおもちゃを治してみたいとお考えの方々のために、”おもちゃドクター”として”こわれたおもちゃの治療に関するノウハウ”について”二日間で習得できる講習会を郡山市で開催”いたします。

 果たして自分にできるの?なんて考えているのなら、躊躇せずチャレンジしてみてください

 始めは誰でもその一歩がなかなか踏み出せないようですが、意外とのめり込んでしまうようです!

 講座を受けた後、必ずしもドクターとしての活動をしなければならないことはありませんので、安心して、参加してください。

2015 10講座1


 なお、この講座に参加しようとする方は、お手数でも、下の申込み用紙をプリントアウトして必要事項をご記入後、FAXで送信してください。

2015 10講座2

 おもちゃドクターってどんなことをしているのか?と思われている方は、開院している会場に見学にお越しになり、会場でおもちゃの治療をしているドクターを見て、話しを聞いてください

 皆様の参加をお待ちしています

 九月の開院は、11日(金)トイザらス郡山店、13日(日)ニコニコことも館、19日(日)福島空港、27日(日)えほか です。

 こわれたおもちゃがありましたら、処分する前に一度診察を受けてみせんか!

 郡山おもちゃの病院のおもちゃドクターがお待ちしています
 
スポンサーサイト

おもちゃドクターになりたいとお考えの方に!養成講座のお知らせ

 福島県は昨日から夏と思われるような暑い一日となりました。

 以前、おもちゃドクターの養成講座についてのお知らせを少しだけしましたが、いよいよ八月からスタートします。

 この講座の受講には、特段制限はありません。よく質問されるのは、機械や電気の知識かないとダメなのかと聞かれますが、そんな心配はありません。

 ただ、こどもさんが好きで、何か社会的に役にたってみたいな!と思わないと正直長続きしないようです。

 でも、初めからそんなことを考えていたら前に進みませんので、まずは、チャレンジ精神をもって望んでください。

 最初の会場は、現在本宮市でひと月おきに「えぽか」で開院していますので、近隣の方でここで活躍してみたいとお考えの方には近くてよいと思います。

養成講座チラシ1

 その他の地域での開催は、現在開院している玉川村の福島空港、郡山市のニコニコこども館とトイザらス、須賀川市のムシテックワールドやアリーナで開催されるイベントへの参加等がありますので郡山会場、そして、問い合わせの多いいわき会場を計画しています。

 養成講座チラシ2

 では、とんな内容なのかをちょっとだけあげてみます。

 おもちゃドクターといってもただ治すだけではありません。

 そこには、当然親子でこられているわけですから、そのおもちゃがどうしてこわれたのか?いわゆる、問診をして状況を把握しなければなません。ご自分が病院に行ったときと同じです!そのあたりのことを含めて勉強してもらうのです。

 また、技術的なことも基本だけになりますが、プラレールを使って勉強し、ドクターとして今後活動していくときに役立つ道具の作成もします。

 なお、講師についは、基礎編と実践編については東京に本部がある日本おもちゃ病院協会にお願いしてあります。そして、活動編にいては、実際の例をあげながら当「郡山おもちゃの病院」のドクターが経験話も入れてお話しします。

 現在「郡山おもちゃの病院」では20名のドクターが活動していますので、この機会におもちゃドクターとして活動してみようとお考えの方は、次の計画表をご覧になり見学に来てみてください。

2015病院計画書

 お待ちしています!

 参加申し込みの用紙については、画面をクリックしていたたき印刷してください。

養成講座が無事修了しました。

 第3回おもちゃドクター養成講座は、たくさんの方に参加いただき、

入門編19名、実習編38名のドクターが誕生しました。

 初めは、不安なことも多かったと思いますが、実習が始まると楽しく

あっという間の3日間となりました。本当に、お疲れ様でした。

 講師をしていただいた、下野先生はじめ、助成金の申請や広報関係

の手配等でお世話になりました、郡山市役所の皆様、施設を貸してい

ただいたニコニコこども館の皆様、取材していただいた報道関係の皆様、

開催期間中、「おもちゃの広場」に誘って、「おもちゃ病院」を出させ

ていただいた、おもちゃコンサルタント上前さん、ココネット・マムの

皆様、いつも治し会の場所を提供していただいてる、まざっせプラザ様、

ハーモニーステーション様、そして、たくさんのおもちゃを持て来て頂

いた方々、講座に参加するためにご協力いただいたご家族の皆様ほか、

紹介しきれないぐらいたくさんの方々に支えられ、今回の講座が無事修了

することができました。本当に、有難うございました。

 最初の講座開催からちょうど一年と言う期間で、第3回目の養成講座が

開け、今年の4月には、「郡山おもちゃの病院」がいよいよ開院となりま

す。

 会員の皆様の努力と、たくさんの皆様に支えられ、これからも頑張って

いきますので、温かく見守っていただけたらと思います。

 今回、講座で会員が14名増え、42名のドクターが地域で活動してい

きます。

 お近くで、おもちゃの病院が開催される際は、どうぞ、壊れたおもちゃを

お持ち下さい。

 ただ、法律に触れるものなどは、治すことができないものもあります。

 必ず、受付で確認してもらい、納得頂いた上で、お預け下さい。


 <今後のおもちゃの病院 開催予定>

3月12日(土)、13日(日) 午前10時~午後3時  

     プレオープン  まざっせプラザ

となります。

 駐車場がありませんので、公共機関をお使いになりおいで下さい。









おもちゃドクター養成講座募集締め切りました。

 おもちゃドクター養成講座に、たくさんの申し込み、

本当にありがとうございました。

 教材等の都合で、10人だけ追加募集させて頂き、

入門編・実習編と合わせて40名の申し込みとなりました。

 定員を超え、お断りさせて頂いた方々には 、本当に

申し訳ありませんでした。。次回の開催も考えたいと思い

ますので、その際は、ご参加下さい。

おもちゃドクター養成講座の募集締め切り迫る!

 おかげさまで、おもちゃドクター養成講座のお申し込みが、たくさん来ており、

定員まで残りわずかとなっております。

 お申し込みされる方は、お早めにお願いいたします。

 入門編の時間の変更について

  一日目 2月11日(金・祝)の終了時時間の変更

    午後5時→午後6時
     となります。

 尚、養成講座期間中も、壊れたおもちゃの受付は、

ニコニコこども館の3階でも行なっていますので、


ビッグパレットに行けなかった方は、こちらをご利用下さい。

受付時間 午前10時~午後5時まで 3階研修室

 

第3回 おもちゃドクター養成講座開催

以前にもお知らせをしておりますが、申込書を添付して改めてご案内いたします。
申込書はこちらです

2月11日(金・祝)~2月13日(日)
ニコニコこども館 研修室にて、第3回 おもちゃドクター養成講座開催いたします。
 
入門編 
1日目  2月11日(金・祝) 午前10時~午後5時まで
2日目  2月12日(土)   午前10時~昼12時まで

実習編
1日目  2月12日(土)   午後 1時~午後5時まで
2日目  2月13日(日)   午前10時~午後5時まで
受講料
 入門編  6,000円
 実習編  5,000円
 両方  10,000円

テキスト「おもちゃドクター入門」をお持ちの方は、1,700円引きとなります。  

講師 日本おもちゃ病院協会 理事  下野 暁先生

準備するもの  
ドライバーセット・ニッパー(小型のもの)・ペンチ・半田ごてセット(持っている方)
机を保護する布( 古いバスタオル)・カッター・はさみ・テスター(持っている方)
壊れたおもちゃ 1~2点(実習編で使います)
持っている方(入門編で作成したものです。)

昼食は各自お持ち下さい。

おもちゃドクター12名誕生。

100721_1703~02
 講座を担当された下野先生から、1人1人に、修了証書が渡され、12名の
おもちゃドクターの誕生です。これからは、「月1回のおもちゃの直し会」に
参加されながら、技術やコミュニケーションのとり方を勉強しながら、来年4
月の「郡山おもちゃ病院」開院を目指します。

只今、実習中です。

100721_1456~02
 わからないところは、わかる方が教えて下さったりしながら、皆さん、
電池パック2つと、スピーカーテスターを、半田ごてと半田を使って、
作りました。
 慣れない作業に、上手くいかなかったりすると、慣れてる方に手伝って
もらったりアドバイスをしていただいたり、無事皆さん完成させられました。

第2回 おもちゃドクター養成講座<入門編>

100721_1338~01

 今日は、先日お知らせしました、第2回おもちゃドクター養成講座<入門編>
が、12名の参加で行なわれました。講師は、「日本おもちゃ病院協会理事の
下野先生」です。午前9時から始まり、午前中は、座って「ボンドの用途や電池に
ついて」などについて教わりました。午後は、途中から実習になりました。
 この写真は、プラスチックのつなぎ方の様子です。皆さん真剣です。

おもちゃドクターアドバンス研修

2010-06-20 アドバンス講座06
遅くなりましたが、6月20日のおもちゃドクターアドバンス研修の模様をアップさせていただきます。

 2月の27日、28日の行なわれた、おもちゃドクター養成講座<入門編>を受けた方の、ステップアップ講座として、6月20日(日)に、おもちゃドクターアドバンス研修が開かれました。新聞に、「来年4月におもちゃ病院開院」の記事が載り、興味を持ってくださった6人の方が一緒に参加され、18名で行なわれました。「日本おもちゃ病院協会の理事の下野暁先生」から講義お受け、部品のつなぎ方等の実習をし、その後、各自が持ってきた「壊れたおもちゃ」の診断、治療等を行ないました。皆さん真剣に取り組まれ、治るたび、皆さんが笑顔になっていき、最後は、全員が笑顔で修了することが出来ました。治らなかったおもちゃたちは、入院とになり、担当された方が、ご自宅に持ち帰り、治療となりました。
プロフィール

郡山おもちゃの病院

Author:郡山おもちゃの病院
郡山おもちゃの病院設立準備会は「郡山おもちゃ病院」を開設することを目的とした会です。
設立準備会では「郡山おもちゃの病院」でボランティアをしていただける、おもちゃのドクターを育てるために、「おもちゃ治し会」や「研修会」等を開催しスキルアップを行っていきます。
そして、来年には「郡山おもちゃの病院」として、正式に活動を開始し、壊れたおもちゃを持ち主の子供達と一緒に直すことにより、物の大切さを教えたり、交流をはかることを目的にボランティア活動をしていきます。
郡山おもちゃの病院設立準備会 会長 次田喜正

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。