FC2ブログ

治療するおもちゃの数が5000件になりそうです!

 2011年4月に「郡山おもちゃの病院」が正式に開院し、初年度は前年度の準備会の活動の反省を踏まえながら活動を進めてきました。

 そして、今後の治療の参考にするために様々なデータ収集を始めました。

 過去の記事でどのようなおもちゃがどのような治療をしてきたかのデータを掲載しましたが、今回は、どれ位の方が診察券を持ち、どれ位のおもちゃの治療をしてきたのか?をご覧にいれます。

 過去7年間の累計グラフ

 ご覧のように、あと319件の治療を行うと5000件になってしまいます。

 最近のおもちゃはかなり手の込んだ構造のものもありますが、時々時代を感じるおもちゃも治療にきます。特に思い出のあるおもちゃのようですね。

 いままで、診察券の発行件数が1000件そして2000件のときには、達成記念としてそのときの方にささやかな記念品を贈りました。

 今度は、治療件数5000件になりますので、その時にもささやかな記念品を贈る予定です。でもこの時期はいつごろになるかは分かりません。


 おもちゃドクターとしての活動はボランティア活動ですが、貴方も一緒に活動してみませんか?自分にできるのか?なんて考えないでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 はじめは誰でも躊躇してしまいますが、一歩踏み出せば大丈夫です。先輩ドクターがそばについてます。

 まずは、お気軽に様子を見に来てください。

 お待ちしております。




スポンサーサイト

2019年度の開院日程のお知らせ

 早いもので「郡山おもちゃの病院」がスタートしてから七年が経過しようとしています。

 今月は24日に福島空港での開院がありますが、2012年4月から統計を取り始めた結果、新規登録していただいた患者さんは2017名、治療したおもちゃの数は4579個となりました

 毎回沢山のおもちゃが治療のために来院しますが、毎回ドクターは治療に追われているのが現状です。

 このような状況が続いて少々大変なため、2019年度から、受付の体制を次のように変更させていただきますので、ご理解ください

    受 付 時 間 : 10:00 ~ 12:00 までとします。

    おもちゃの数 : 一回に三個までとします。

 なお、次年度の開院予定は次の通りです。
2019日程表

 おもちゃドクターとして活動してみようとお考えの方は、開院している会場にまずは見学にお越しください。
 そして、どのドクターでもかまいませんので、お気軽に声をかけてみてください。


 

2018年5月5日ニコニコこども館「こども祭り」に参加しました

 今年もニコニコこども館の「子ども祭り」に参加しました。

 当日は天候にも恵まれ、開成山公園でも様々なイベントが開催されておりましたが、ニコニコこども館にも大勢の子供たちが遊びにきていました。

 「郡山おもちゃの病院」では、通常の”こわれたおもちゃの治療”と”プラレールコーナー”のほかに、”クレーンゲーム”や”じゃんけん大会”、”親子でおもちゃを作ろう”のコーナーを開きました。

1855 1

 この日もこわれたおもちゃが沢山きましたが、治って持帰るときには子供さんの笑顔が印象的でした。

 また、”親子でおもちゃを作ろう”のコーナーでは、好みのおもちゃを一生懸命作っていました。

1855 3

 「郡山おもちゃの病院」では、”おもちゃドクター”として一緒に活動してみようとお考えの方をお待ちしております。

 活動に参加することに、一歩を踏み出せない方がおりましたら、是非見学にきてください。

 お待ちしております。



平成30年度 おもちゃの病院開院日程表について

 平成30年度のおもちゃの病院の開院日程表ができましたので、お知らせします。

 平成29年度もたくさんのおもちゃが治療のためにきましたが、乾電池の管理をしっかり行っていれば”こんなにならなかったのに”というのがありました。遊び終わったらたまには乾電池の状態を確認してあげてください。そうすれば、思いもよらない誤動作や内部に液漏れしたことによる腐食も防止できます。

 この日程表に従って開院しますが、諸般の事情により、開院日が変更になったりすることもありますので、ご注意ください。変更になる場合は、事前にホームページでお知らせします。

 なお、4月29日のFTVハウジングプラザは白河会場になりますので、是非お越しください。

H30日程表

 日程表にも書いてありますように、不要になったおもちゃがありましたら、有効活用いたしますのでご寄付ください。

 
 こわれたおもちゃを治してみたい!おもちゃドクターになりたい!郡山おもちゃの病院の一員として活動に参加したい!等々お考えの方はまずはお近くの会場にお越しください。いろいろとお話しさせていただきますので、遠慮しないで声をかけてください。


過去五年間の治療実績(2012年から2016年まで)

 福島県にいよいよ紅葉の季節がやってきました!

 毎年すばらしい紅葉になりますが、今年はどうやらすこし早いようです!

 さて、今回の情報は、2012年4月から取り始めてきた実績のとりまとめで、2016年度までの五年間のものです。

 前回は四年間のものでしたが、あまりサボっていられないので、五年間のものを作成しました。何かの参考になれば幸いです。

2-6五年間実績No1

2-6五年間実績No2

 最近のおもちゃは、電子回路のものが多くなってきていて、基板のどこかが悪いとどうしようもないといっもよいほどになっていると言っても過言ではないと思います。

 でも、一般的に言って無茶な扱いをしなければそう簡単にこわれるものではありません。

 強い衝撃や、水分の付着、乾電池の液漏れ等に注意して遊んでくれれば末永く使えると思います。

 何かあったら、是非お近くのおもちゃの病院に一度行かれてみたらいかがでしようか!

Calendar
プロフィール

郡山おもちゃの病院

Author:郡山おもちゃの病院
 「郡山おもちゃの病院」は2011年4月より、壊れたおもちゃを治し、子供たちに物の大切さを教えたり、交流をはかることを目的にボランティア活動をしていきます
 また、当会ではボランティアでともに活動していただける、おもちゃのドクターを育てるために、「おもちゃ治し会」や「研修会」等を開催しスキルアップを行っています。
 なお、おもちゃ治しは基本的には無料ですが、部品代はいただいております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR